子どもたちが元気に育つために 成長期の子どもの健康のために大人ができること

更新日:2018.06.04 カテゴリー:ブログ

 

 

わたしには3人の子どもがいます。

今は3人とも離れて暮らしています。連絡はもっぱらLINEで。

 

といっても、お米がなくなったから送ってくれと言ってくるくらいのことですけどね(^^;)

 

わたしも学生時代や卒業してひとり暮らしの頃は、親に電話をすることは滅多になかったので、そんなものだと思っています。

困ったことがあったら小さなことでもいいから早く言いなさいな、と言ってありますが、さいわいにも「米がなくなる」が困ることの一番のようです(笑)

 

「姿勢が変わると人生が変わる」その楽しみを共有したい、KCSセンター八鹿の植木真理子です。

 

最近、お客様の子どもと接したり、街で子どもを見かけるとよく思います。

 

子どもは地域の宝。世界の宝だなあと。

 

自分が子育てをしているときには、毎日時間に追われ、理屈では思っても実感として感じる余裕がなかった。

いまは自分も歳をとったからこそ、未来を担う子どもたちをみて、余計にそう思うのかもしれません。

 

子どもの元気は未来の力。

子どもが健やかに成長しないと、世界の未来はありません。

 

成長期の子どもの健康は大人の責任です。これは明らか。

 

7月16日(海の日)に〝成長期の子どもを支える講演会” があります。

 

大人の責任として、聴いて、そして感じてほしいのでご案内します。

 

 

 

 

講演「身体づくりと姿勢」 ~姿勢年齢チェック+足形測定付き~

 

2018年7月16日(月・祝) 13:00受付~16:00

姫路市市民会館 3階 中ホール

参加費 1,000円

主催 兵庫県姿勢調整師会

姫路市教育委員会後援

 

講師は、健康科学博士 小野寺 靖先生です。

小野寺博士は、元中学教諭。

成長期の子ども達を見てきた小野寺先生だからこそ、子どもたちに届けたい、子どもに向き合うすべての人に体感してほしいという熱い思いで講演してくださいます。

 

当日は、13時に受付開始。

先着順に、希望者は姿勢年齢チェックと足形測定を体験することができます。

13時30分から講演スタートです。

 

【こんなことがわかります】

●姿勢がよいと得なこと、姿勢が悪いと損なこと

●どんな姿勢がよいのか

●集中力は姿勢でどう変わるのか

●身体のつくりから考えたケガをしにくい運動のコツ

●スポーツのパフォーマンスを向上させるには

●姿勢を改善するためには

 

申し込み・お問合せは、KCSセンター八鹿で承ります。

電話 079-662-7585

FAX 079-662-7586

E-mail    yoka-kcs@plum.plala.or.jp

メールは、2、3日して返事がなければお手数ですがお電話ください。

 

当日は、わたくし植木も行きます。

 

子どもの健康について一緒に考えましょう。

 

 

 

 

 

copyright © 2015-2019 KCSセンター八鹿