悪化していた神経痛が和らいで腰痛の薬も飲まなくていいようになりました

更新日:2019.11.26 カテゴリー:お客様の声

 

私は若い頃から腰が弱い方でしたが、50代に入ってから本格的に神経痛も伴うようになってしまいました。

接骨院、整形外科と長い期間通院していましたが全く良くならず、むしろ悪くなる一方で薬はどんどん強いものになっていきました。

人間あまりに悪い状態が続くと、何事にも積極的になれないうえ「30年くらいこのままなのでは」という恐怖さえ持つようになりました。

そんなときに妹からKCSのことを言われ、30代に他の先生にお世話になって、産後つらかった腰痛を治していただいたことを思い出しました。

植木先生にお世話になると、あんなに長い間つらかった痛みが和らいで、気がつくと腰のことを考えなくてもいい時間が増えるようになってきました。

栄養のこともご指導いただき、体の内側からの改善の大切さも勉強させていただけました。

念のために病院からもらっている薬もめったに飲まなくていいようになってきました。

毎回施術していただくのが楽しみです。今後ともよろしくお願い致します。

 

匿名様  54歳 女性 ピアノ講師

 

自分にしかわからない神経痛は、他の人から見ただけでは痛みを理解してもらえず、それがまた精神的にも辛いものです。

長い間の痛みが軽減されて本当によかったですね。

毎回、楽になっている様子を話してくださるので私もとても嬉しいです。

KCSセンターを思い出させてくれた妹さんにも感謝です。

 

copyright © 2015-2019 KCSセンター八鹿