妊娠中、マタニティでもOKな整体を探していました。短くなっていた子宮頚管長も回復。

更新日:2020.02.01 カテゴリー:お客様の声

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎回妊娠の度に、仰向けになると尾てい骨・お尻が痛み、起き上がると太ももの付け根の横が痛く、しばらく動けないという状態でした。

週数が進む度に痛みが増していき、このままでは上の子供の育児もできない。切迫早産の傾向もあり、骨盤の広がりやゆがみが切迫早産にも関係することを聞いたことがあったので、この辺りで妊娠中・マタニティでもOKな整体をインターネットで探していて、先生のところを見つけました。

但馬の整体では「マタニティでも大丈夫」と挙げている所はなかなかありませんでした。

以前2人め妊娠中に行った所は2カ所ともすごく効果を感じる事はなく、今回も・・?と初め不安でしたが、2回目の施術からあの激痛がなく楽に動けて、上の子供達を楽に抱っこできました。

もう一つすごく嬉しかったのが、徐々に短くなってきていた子宮頚管長が、3.9cm→4.5cmに!

長期入院・安静だけは避けたいので本当に嬉しかったです!

私と同じような悩み、不安をもっておられるかたは、ぜひ一度先生の所へ行ってみられるといいかと思います。先生・スタッフの方も優しく、癒されながらゆったりできますよ。

 

八鹿町 匿名 40歳 女性 看護師

 

 

 

妊娠中の股関節と臀部の痛み、わたしも経験があります。朝起きようとすると痛くて、どう動いたらいいんだろうと。起き上がるまでに10分くらいかかったこともありました。

今は、それが体の歪みからきていると分かりますが、当時は、起きてしまうと大丈夫なのに、なぜこんなに動き始めが痛いんだろうと不思議でした。

 

この方の場合も、歪みを整えていくことで痛みが軽減したのだと思います。

姿勢プリントの検査では、頭の位置がずれていたのと、脚部の問題がありましたので、骨盤部はその影響を受けていたのでしょう。(昔は骨盤矯正ということをよく聞きましたが、ほかに原因があるのに骨盤矯正すると悪化することがあるので気をつけましょう)

子宮頚管長については、お腹の張りがきつくなり子宮が収縮して短くなっていたのが、姿勢改善により無駄な筋緊張が軽快したことで回復したのかもしれません(推測ですが)。

上のお子さん達がおられるので特に、切迫早産のリスクが減るよう、元気に出産まで生活できるようこれからもサポートさせていただきたいと思います。

 

毎日、育児と仕事でおいそがしいなか、こうしてお客様の声を書いてくださりありがとうございます!

 

 

copyright © 2015-2020 KCSセンター八鹿