何年も通うのは治らないからではありません

更新日:2016.01.07 カテゴリー:お客さまとの会話から

 

 

 

 

 

 

 

日々のお客さまとの会話から気づくことがあります。
私たちが当たり前と思っていることでも、一般の方の認識と、差があることに気付かされることがしばしばあるのです。


あるお客さまが、友人に「カイロプラクティックに行ってくるわ。」というと、その友人は「まだ通ってるの?治らへんの?」と言われたそうです。
5年くらい通ってくださっている常連のお客さまです。
最初は、坐骨神経痛の症状があって来院されたのがきっかけですが、よくなられた今でも、ひと月に1回程度定期的に施術を受けに来られます。
なぜ来られているかというと、また悪くしないため です。治らないからとは違うのです。でも友人は、通い続けているのはいつまでも治らないからで、カイロプラクティックは痛みのある人が行くところ、と思っておられるのでしょう。

確かに、最初に来られるきっかけは、痛みやしびれなどの症状があるからという方が多いです。特に以前はそういう方ばかりでした。最近は、困るほどの症状はないけど姿勢が気になるから診てもらおうと思って、という方もだんだん増えてきました。悪くなる前に早く対策を講じる。気になったらすぐに行動する。いいことですね。
ひと月に1回のペースで、何年も通ってくださっている方も大勢いらっしゃいます。


人は毎日生活しているなかで、どうしても体にゆがみが生じます。それは、仕事や日常が同じ動作の繰り返しだったり、同じ姿勢でいることが多く、いつも同じ筋肉を使っていることから、ゆがみが起きやすくなるのです。
姿勢の検査をすると、ゆがみがはっきりわかります。
ゆがみを放置しておくと、やがて体に不具合が現れます。動きが悪くなったり、痛みやだるさを感じるようになったり。ひどくなると日常生活に影響するほどの症状が現れることもあります。
ほとんどの方は、そうなってから『これはマズい』と思って来院されます。もっと早く来られるといいんですけどね。

姿勢を矯正してゆがみが軽減すると、体が本当に楽になります。
でも、また同じ生活環境のなかで過ごしているうちに、知らず知らずゆがみ始めているんです。
私にもゆがみはあります。ただ一般の方よりも姿勢についての知識があるので、予防の仕方を知っている分はひどくならずにすんでいます。

定期的に姿勢のメンテナンスを受けることは予防につながります。
辛い症状で困った経験のある方は、一度改善されても、そのまま放っておいて同じ生活を続けていると、やがてまた悪くなってしまう可能性が高いのです。
生活に問題がある場合は、日常どんなことに気をつければよいかのアドバイスもします。そのうえで定期的に施術を受けられると、いい状態がキープできるようになります。
先に書いたお客さまも、「ここに通ってるから、ひどくならずにすんどるんやわ。5年前から年とってへんで(笑)」と言ってくださっています。


5年前の自分と今の自分と比べてみてどうですか?そして、5年後はどうなっているでしょうか。

当店に来てくださったお客さまには、これから先も自分らしく好きなことができて、楽しく過ごせるように元気でいていただきたいと思うのです。
だからこそ、これからもメンテナンスに来続けていただくことをお勧めしていきます。

copyright © 2015-2019 KCSセンター八鹿